学部学生による大学院授業科目の先行履修

学部学生による大学院授業科目の先行履修

平成22年度より理学研究科では「学部学生による大学院授業科目の先行履修」(以下、先行履修)制度がはじまりました。
今年度も物理学科および物理学専攻では先行履修を実施します。

学部学生による大学院授業科目の先行履修

理学部に在籍する学生で、引続き大学院理学研究科へ入学を希望する者のうち、学業が優秀であり、かつ先行履修をするにあたり相応しい学力を有する者は、所属学科長、指導教員及び授業担当教員の承認を得た上で、大学院の授業科目を履修できる制度です。

物理学科における先行履修制度の利用

物理学科で先行履修制度を利用するための要件は、次のようになっています。

履修資格

物理学専攻博士課程前期2年課程の授業科目を先行履修できる学生は、本学理学研究科物理学専攻へ引続き入学を希望し、大学院授業科目を先行履修する意欲と能力がある4年次学生です。物理学科・物理学専攻での先行履修受講資格は、卒業要件の124単位のうち、4年時の物理学研究 10単位とセミナー4単位を除いた、少なくとも110単位が取得済みであることです。

履修範囲

先行履修することができる授業科目の範囲及び単位数は、物理学専攻において開講されている授業科目のうちから、4単位までとします。また、物理学専攻で実施されている集中講義も先行履修することの出来る授業科目に含まれています。

申請時期及び申請方法

先行履修申請時期は5月(今年度のみ)および10月の2回です。所定の履修届出期間中に申請しなくてはなりません。先行履修を希望する学生は、「先行履修申請書」により、学部指導教員の承認及び履修を希望する物理学専攻の授業担当教員の確認(署名)を得たうえで、物理教務係をとおして物理学科長に提出してください。

単位の認定

先行履修で単位を取得した学生は物理学専攻に入学後に大学院授業科目として単位が認定されます。入学年度の所定の期日までに、「先行履修による大学院授業科目の単位認定申請書」に「先行履修した大学院授業科目の単位修得通知書」を添えて物理学専攻長に申請します。

物理学専攻大学院授業科目の先行履修制度の説明

3年次学生向けには「物理学専攻大学院授業科目の先行履修制度」に関する説明を進級ガイダンスのときに行います。4年次学生も説明を聞くことができます。
なお、4年次学生は、配属研究室で「物理学専攻大学院授業科目の先行履修制度」について指導教員からも説明を受けることができます。

ページの先頭へ