Topics

fig3

角度分解光電子分光による新機能物質の電子状態研究

光電子固体物性グループは、アインシュタインの光量子仮説に基づいた「角度分解光電子分光(ARPES)」という実験手法を用いています。物質に光を入射すると、外部光電効果によって光電子が放出されます。この光電子を、世界最高水準の分解能を持つ「超高分解能角度分解光電子分光装置」を用いて精密測定することで、トポロジカル絶縁体や高温超伝導体をはじめとする興味深い物性を示す物質の電子状態を解明します。続きを読む

ご案内

6月21日(金)16:50から、理学部物理系2年生を対象に物理学科オープンラボを開催します。
詳しくはこちらをご覧ください。

■NEWS

ページの先頭へ