物性実験II

量子機能計測

教員

客員教授/足立 伸一 HP 客員教授/大谷 知行 HP 客員教授/鶴山 竜昭

研究について

CMB偏光観測望遠鏡GroundBIRD(スペイン)

世界最先端の研究データは、しばしば最先端の計測分析技術や機器を通じて生まれ、その実験技術は日々著しく進化し続けています。これらの計測分析技術の物理的振る舞いを理解し、能動的に活用することにより、物理学のみならず異分野融合を切り拓く新たな計測・分析手法が生まれます。量子機能計測グループでは、最先端の計測分析技術を基軸として、時間分解X線計測による物質構造の光誘起ダイナミクス研究、新たな電磁波領域であるテラヘルツ波を用いたセンシング研究、及び、病理組織・細胞の画像診断を活用した生物物理学研究を進めています。

ページの先頭へ