在学生から、受験生の方へメッセージ

中学・高校時代「宇宙の成り立ち」「素粒子」とかいったものに漠然と興味を持っていた

電子物理学講座
2015年度入学
前田 瑞穂

maeda-san
  • 東北大学の物理学科/物理学専攻に進学を決めた理由をお聞かせください
  • 学部入学を決めたのは、中学・高校時代「宇宙の成り立ち」「素粒子」とかいったものに漠然と興味を持っていたからです。
    かっこよさそうだなあ、と。
  • 実際に入学して感じたことをお聞かせください
  • 学部2、3年時に初めて物性物理の勉強・実験を体験し、こっちのほうが面白そうだ、と感じました。身近にある金属やデバイスなどの仕組みが、物理と数学できれいに理解できることにちょっと感動した覚えがあります。
  • 現在どのようなことを学習/研究していますか
  • 遍歴電子系メタ磁性体の臨界現象について、実験面から研究を行っています。この物質系は気体‐液体のと類似した相図をもち、その臨界現象は他の磁性体と違い、単純には理解できません。実験は基本的には物性測定を行っていますが、新しい物質を作成したり、測定系から準備することもあります。
  • 将来の進路についてお聞かせください
  • 現在の研究生活は充実していますし、このまま研究を続けたい気持ちもありますが、今は就職を考えています。物理で学んだことを実社会で生かし、生活に役立てられればと思っています。
  • 本学の物理学科/物理専攻を目指している方へメッセージをお願いします
  • 大学の物理は難しいですが、実際に行われている研究とつながってくると、高校物理と違った面白さがでてきます。同じ物理でも、いろいろな分野の勉強・実験を経験すると、視野が広がりますし、楽しいのではないかと思います。
ページの先頭へ